憧れの芸能人のような小顔をGET【エラ削りがもたらす効果】

婦人

ダウンタイム中の過ごし方

女性

高い小顔効果をもたらしてくれるエラ削りは、治療時間は大体3時間程で済みます。長すぎず短すぎない治療時間ですが、あくまで外科的な治療法であるので、体にかかる負担が大きいです。術後はしばらくダウンタイムを設けなければなりません。こちらでは、美容外科でエラ削りの治療を受けた後の注意点を説明します。

エラ削りの治療は、2から3cmほど切開します。エラの骨部分だけを露出させる必要があるので、長めに切開はしません。切開した箇所は、術後の経過とともに目立ちにくくなり、半年経過すれば細いシワみたいになります。また、施術箇所に感じるしびれの症状は、術後しばらく残ります。口から近い箇所の治療であるので、口周りの間隔も鈍くなってしまいます。しかし、これらは長期的に残るわけではないです。術後2週間ほどで痺れの症状が改善されていきます。2週間ほど経てば、口に何か含んでもちゃんと口内で感触を感じられるようになるので、特に気にせずダウンタイム期間を過ごすのが望ましいです。

きれい好きな人は、エラ削り治療後のダウンタイム中は、入浴が出来るのか気になるものです。長期的に入浴が出来ないと、体臭がひどくなるのではないか心配してしまう人も中にはいます。体を洗うことに関しては、術後の翌日ならシャワーを浴びても問題ないです。ただし、治療を受けた箇所は、極力洗うのを避けるのが望ましいです。術後の3日後あたりで、普通に湯船につかっても大丈夫です。治療跡がふさがっていないうちは、お湯を患部につけないことを意識して入浴をするのがおすすめです。また、エラ削り治療後は、顎関節あたりに腫れの症状が現れるので、しばらくは開口障害が生じます。上手く口が開かないため、しばらくは満足に食事が食べられなくなります。栄養補給として点滴か流動食が用いられるので、極度の栄養失調に見舞われるリスクは少なめです。それに、開口障害は一時的に表れる症状なので、しばらく時間が経過すれば元通りに開きます。時間が経過するとともに、術後に出てきた症状や障害はゆっくり改善していきます。治療で大分体力を消耗してしまうので、体の調子が戻るまで、ダウンタイム期間はゆっくり体を休ませる時間だと思って過ごすのがおすすめです。

外科的な治療法であるエラ削りは、切開ラインを糸で縫合する印象を抱いてしまいます。大抵の外科治療では、傷跡をふさぐために医療用糸を用いて縫合してくれます。そのため、しばらくサンマ傷が残ってしまうか気になってしまう人も中にはいます。実は、美容外科によっては患部を専用のテープで固定して傷口をふさいでくれます。サンマ傷が残りにくくなるのは勿論、経過観察の際に抜糸を受ける手間が省けます。

Copyright © 2017 憧れの芸能人のような小顔をGET【エラ削りがもたらす効果】 All Rights Reserved.